出張マッサージは施術内容でセラピストを吟味しよう

出張マッサージで共通して受けられる施術内容は、マッサージオイルを使って手肌で直接触れるオイルマッサージです。店舗型マッサージ店の多くが手ぬぐいまたは布の上から揉みほぐす施術方法が中心となる状態に対して、出張マッサージでは手技による強いマッサージよりも温もりまで伝わる優しいものとなります。エッセンシャルオイルを含ませればアロママッサージとなるので、アロマテラピーについて真剣に勉強しているセラピストならば検定資格を保有しているはずです。
一方、勉強熱心で出張マッサージのセラピストとして多数顧客を抱えているセラピストは、リンパマッサージまたはタイ古式マッサージを習得済みとなっています。必ずしもリンパマッサージやタイ古式マッサージを行うとは限りませんが、依頼者の疲れ具合や希望に合わせて対応出来る幅広さが魅力です。リンパマッサージは、鼠径部にあるリンパ節への流し込みが発生するので、出張マッサージのような完全な個室空間で無ければ恥ずかしさが残りやすいでしょう。事前に半身浴で温めておくことも出来るので、出張マッサージ慣れしている利用者は、セラピスト到着時間までをマッサージのための準備時間として有効活用しています。

ホームに戻る